転職を繰り返す夫。パートをして支えてきたが、体力的・精神的に辛く…離婚するか迷っています。
(Fさん、56歳、結婚歴20年、子供なし)

相談内容

6才年上の夫はバツ1で、共通の趣味を通じて知り合いました。バツ1という事で、親からは、結婚を反対されましたが、2年程付き合って結婚しました。夫は、趣味も友達も多く、常に楽しい事を求めているような人です。仕事では、営業の仕事だったり、知人と店を始めてみたり、と、一つの事が長続きせず、収入も不安定なので、私も、パートをしたりして、ずっと家計を助けてきました。
また、結婚して1年位で義両親との介護の為に同居することになり、施設に移るまでの数年間、一生懸命にお世話をしました。
子供がおりませんので、夫婦仲良く助け合っていかないと、と、これまで必死で頑張ってきましたが、夫からは、十分な生活費も渡されず、労りの言葉もなく、ここ数年は体力も落ち、今後の生活も含め、何もかもが本当に不安です。年令が年令なので、離婚するにも、その後の生活が心配で、悩んでいます。

カウンセリング

壮絶な結婚生活を明るく話すFさん、そのお話しからは、ご夫婦ともに社交家で、ご友人も多く、趣味を通じた楽しい時間もあり、夫婦の会話も充分にされている様子が伝わってきました。
 一方で、常に楽しい事優先で、生活設計等を全く考えてない様子のご主人…特に、Fさんの体調が優れなくなったここ数年については、体調不良を訴えても、心配してくれるどころか「私は、転職した(自分の都合で何の相談もなく)のだから、しばらくは収入が無い。なので、しっかり働いてくれ」などと言う始末。
 (ご自身の)心身共に無理が利かなくなっても、若い頃と変わらない生活を強いるご主人に、これまで、献身的に夫を支えてきたFさんも、さすがにウンザリしてしまったようです。
 そこで本条から…
『 自分で選んだ夫とは言え、不安定な家計を支えながら、同居して義父母のお世話まで、本当に大変なご苦労だったと思いますし、誰にでも出来る事ではありません。ただ、何もかも1人で頑張り過ぎて、当のご主人にそのご苦労が伝わっていない事が問題です。ご主人は、Fさんの苦労も知らずに、妻ではなく、まるで母親のように、甘え切っています。
ただ、お話しを伺う限り、夫は、全くの冷徹人間では無いようですし、ご夫婦の波長は合っているので、夫婦間系を変える努力をする価値はあるようです。
ここは、考え方を切り換えて(これからの人生は)、上手く夫に甘えながら、少しは夫に面倒を見てもらうようにしてはいかがでしょう。これまで、甘やかしてしまいましたが、今からでも、夫を育てましょう!』と…具体的なアドバイスをさせていただき、継続してサポートを行う事になりました。
 並行して→ ①家計の収支を、ご自分でもしっかりと把握すること。
②年金の納付状態や受給できる金額などの今後の状況について、きちんと調べておく事。
をお願いしました。
夫婦関係修復を目指しつつも、のちに離婚を選択した場合には、しっかりした準備が必要だからです。
また、その場合は、準備した資料を持って、専門家(弁護士)に、相談・依頼をされるようお勧めしました。

カウンセリングのご相談は下記までお願いします。
埼玉県全域に対応しております。
0120-25-4631

夫婦問題・離婚カウンセリングメニュー

埼玉の夫婦問題・離婚カウンセリング TOP
 夫婦問題・離婚カウンセリング事例(No.1)
 夫婦問題・離婚カウンセリング事例(No.2)
 夫婦問題・離婚カウンセリング事例(No.3)
 対面相談コースについて
 電話相談コースについて(初回カウンセリングは除きます)
 夫婦相談コースについて
 コーディネートコースについて(初回カウンセリングは除きます)
 サポートコースについて(初回カウンセリングは除きます)
 離婚カウンセリングシート