元々子離れが出来ていない義母。結婚当初から夫婦の問題に口出しをしていましたが…出産を機に、干渉が、益々エスカレート。妻も離婚を言い出すようになり、義母と妻から離婚を迫られています。話し合いを続けていますが、私がうつ状態になり、心療内科へ通院中です。
(Sさん、43歳、結婚歴3年、子ども1人)

相談内容

妻とは、大手の結婚相談所で出会い、お互いに「条件」も「気」も合い、結婚しました。
しばらくして、妻の両親に呼ばれ、「聞いていた年収と違う!娘をだまして結婚したのか?!」などと責められ、私の両親も巻き込んで大騒ぎとなりました。社内異動で、一時的に年収が下がってしまった為なのですが、とにかく私は謝り、私の両親が当面の不足分を支払うという事で落ち着きました。
義母は感情の起伏が激しく、妻は、幼少期からそんな母親の顔色を伺って育ってきたからか、母親の言いなりです。夫婦2人、不妊治療を経て、ようやく授かった子供の出産にも立ち会えず、育児にも参加させてもらえません。初めての子育てなので、妻と二人で頑張りたいのですが、妻は子供と、ずっと実家に行っていて、食事やお風呂等全てが済んでから寝に帰るだけの日々。
私も「一緒に子供を育てたい。精一杯手伝うから、家族3人の時間を増やして欲しい」と、気持ちを伝え、何度か話し合ったのですが、妻は、「貴方とは考え方の違いでやっていけない。私だけが我慢することになるから、離婚したい」と、繰り返し、半年ほど前、突然、実家に帰ってしまいました。
義母からも、直接、早く離婚するようにとの連絡が来ます。妻が出て行ってから、眠れなくなって、食事も取れなくなり、心療内科を受診し、治療を受けています。私はどうすればいいのでしょうか。
  

カウンセリング

一言一言、絞り出すようにお話しをされるSさん、本当に辛そうです。こんなに追い詰められても
「僕のどこがいけなかったのでしょうか」「どこ(何)を直せばいいのでしょうか」と、仰っています。
本条から…
Sさんに、いけないところなど、ひとつもありませんよ。随分と辛い思いをされましたね。
お義母さんは、かなり過干渉に育てた一人娘を嫁に出し、夫婦二人だけになり、どこか寂しい日々(生活)になっていたところ、娘の初めての妊娠・出産を機に、しばらく治まっていた「娘への過干渉」が、ぶり返した様子。
奥様にしても同じ事。結婚以来、一家の主婦となり、家事に仕事にと大忙しの生活…そんな時に帰った久しぶりの実家は…まさに、至れり尽くせり。両親揃って、目に入れても痛くない娘や孫をチヤホヤ。「なんて、実家は、楽で、居心地がいいのだろう」と、感じてしまったのでしょう。そうなると、夫を見送ると、すぐに実家に直行!育児からも家事からも解放された時間を過ごし、後は寝るだけの状態で子供と帰宅。こうなると、もう立派な「実家依存症」です。確かに出産前後は、ホルモンバランスの変化や慣れない育児に疲れ、実家依存症になりかける妻は、世の中には大勢います。
でも大抵は、実家の両親から「うちはずっといて貰っても構わないけど、(妻子の為に)頑張って働いてくれている旦那さんを放ったらかしにしては可哀そうよ」等と諭されて、現実世界に戻り、新しい家庭で、夫と共に、笑ったり泣いたりしながら子育てして、親になり、家族になっていくものです。
ですから、「まずは妻の実家から離れ、3人で生活しながら夫婦間系修復を目指す」というのが理想ですが、心療内科へ通院中のSさんには、そんな気力も体力もありません。まずは、「今の自分は単身赴任と同じ」と、開き直って、ご自身の心身の回復に努めていただき、体調が戻ってから、じっくりと夫婦の今後を検討すればよいのです。落ち着いてから、専門家(弁護士)に相談した上で、最終決断をして下さい。

カウンセリングのご相談は下記までお願いします。
埼玉県全域に対応しております。
0120-25-4631

夫婦問題・離婚カウンセリングメニュー

埼玉の夫婦問題・離婚カウンセリング TOP
 夫婦問題・離婚カウンセリング事例(No.1)
 夫婦問題・離婚カウンセリング事例(No.2)
 夫婦問題・離婚カウンセリング事例(No.3)
 対面相談コースについて
 電話相談コースについて(初回カウンセリングは除きます)
 夫婦相談コースについて
 コーディネートコースについて(初回カウンセリングは除きます)
 サポートコースについて(初回カウンセリングは除きます)
 離婚カウンセリングシート