世間では、「コロナ離婚」とか、「コビディボース」(CovidとDivorceの造語)と言われることがあります。
ご存じのコロナウイルスが世間を賑わせてから生まれた言葉で、コロナ禍における離婚を総称しているようです。
もっとも、こういった用語は、法律上、存在しません。

ところで、韓国では、結婚生活が20年以上の夫婦が離婚する熟年離婚件数が年間4万件を超え、過去最多であったと話題になりました。
もちろん、原因がもっぱらコロナ禍によるものと即断することはできませんが、コロナ禍における活動自粛が人々の生活に様々な影響を及ぼしたことは動かし難い事実ですから、コロナ禍の影響が一切ないということもまた難しいでしょう。

もし読者の方の中で、ご夫婦関係についてお悩みがありましたら、弊所までお気軽にご相談ください。
弊所では、離婚専門チームを組み、専門性を高めた弁護士が集まっております。
ご相談を希望の場合には、下記にお電話をください。
℡ 0120-25-4631

埼玉県全域に対応しております。

法律相談
0120-25-4631