離婚チームの弁護士は、どの弁護士も、性別を問わず、ご相談者の親身になって相談を行うことを心掛けております。
もっとも、ご相談者のご事情は様々です。

相談者様の中には、
女性弁護士に相談したい
女性の悩み、女性の気持ちを、女性弁護士に受け止めて欲しい
という方もおられると思います。
当事務所の離婚チームには、女性弁護士が2名所属しておりますので、女性弁護士が対応させて頂くことも可能です。

もちろん、男性弁護士に相談される場合であっても、当事務所では、女性の夫婦問題・離婚カウンセラーが在席しており、法的側面は弁護士に、メンタル面は女性カウンセラーに相談することのできる体制もございます。

ご相談に当たって、プライバシーの遵守には万全を期しております。また、相談された内容や相談された事自体が周囲に知られることの無いよう、プライバシーの厳守を徹底しております。

相川弁護士より一言

相川弁護士

近代以降、女性の社会進出が認められるようになったものの、現在の日本には、男尊女卑の思想を持っている男性の存在や、風潮など、いまだ女性にとって不平等と感じる問題が残っていると言わざるを得ません。そして、夫からの暴力や、モラルハラスメントにより、肉体的・精神的苦痛を受けているという女性や、経済的な理由・世間体等の様々な要因から、離婚をしたくても出来ないという女性が多くいらっしゃいます。そうであるにも拘わらず、離婚のご相談というのは、大変プライベートかつセンシティブな内容であることが多く、親しいご友人やご親族等に対しても、なかなか相談出来ないということが多いのではないでしょうか。
私どものような女性弁護士は、同性であるからこそ、その様なお悩みをお持ちの皆様から、男性弁護士とはまた違った立場で、お話をお伺いできるのではないかと考えております。まずは一度、お気軽にご相談下さい。

時田弁護士より一言

時田弁護士

当事務所の離婚チームの弁護士は、毎年、数多くの離婚事件を取り扱っており、解決に導いた実績があります。また、月一回以上の離婚事例検討会を実施し、ノウハウの弁護士間で共有を行っているほか、夫婦問題・離婚カウンセラー、時に探偵とも連携を図りながら、ご依頼者のトータルサポートを図っております。
ご依頼者との関係では、スピーディに連絡を取り合える環境を整えてもおります。
当然ながら、当事務所には、女性の方に対して不当な偏見を持つ弁護士はおらず、どの弁護士であっても、安心してご相談いただけるかと思いますが、令和2年1月現在、離婚チームには、2名の女性弁護士(相川弁護士、池田弁護士)が在席しておりますので、女性弁護士によるご相談を希望される際には、ぜひ法律相談のご予約時に、お気軽にスタッフまでお申しつけ下さい。

埼玉県全域に対応しております。

法律相談
0120-25-4631