弁護士 相川 一ゑ(埼玉弁護士会所属)

相川弁護士

■経歴
昭和58年 9月 埼玉県生まれ
平成18年 3月 学習院大学法学部法学科卒業
平成20年 3月 学習院大学法科大学院既習コース卒業
平成21年12月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士会子どもの権利委員会委員
埼玉弁護士会両性の平等委員会委員
埼玉医療問題弁護団団員
児童自立支援施設埼玉学園苦情解決第三者委員

■離婚分野に関して一言
離婚関係の事件は、法律問題の中でも最もセンシティブであり、様々な問題が絡み合って、なかなかお話しづらいお悩みがあるものと思われます。
そんなお悩みをお持ちでも、「こんなことを弁護士に相談しても良いのだろうか。相談したら、必ず依頼をしなくてはならず、高い弁護士費用を払わなくてはならなくなるのではないか。」等とご心配に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
当事者同士で話し合いが出来るような場面ではともかく、任意の話し合いでまとまらないということであれば、最終的には調停や訴訟も検討しなければなりません。
調停や訴訟をするということであれば、証拠となる書類や主張の仕方も、任意の話し合いの場面よりはるかに重要になってくるでしょう。
離婚訴訟や慰謝料請求訴訟という手続も視野に入れた場合、専門家である弁護士であれば、法律や裁判例に基づいて、状況に即したアドバイスをすることができますし、当事者だけでは解決が難しいということであれば委任を頂くことで代理人となることも可能になります。
また、相談したからといって必ず依頼しなくてはならないわけではありません。実際、当事務所では依頼を前提とせず、相談だけのリピーターというお客様も多くいらっしゃいます。
私どもは、一般には話しづらい、離婚といった分野あっても、一つ一つお話を丁寧に伺い、安心して気軽にご相談・ご依頼頂けることを目標として、日々業務に取り組んでおります。


弁護士 眞中 忠治(埼玉弁護士会所属)

眞中弁護士

■経歴
昭和54年 6月 茨城県生まれ
平成10年 3月 中央大学法学部卒業
平成22年 3月 関東学院大学法科大学院卒業
平成23年12月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士会労働問題対策委員会委員
消費者問題対策委員会委員
■離婚分野に関して一言
離婚事件を担当していると,こちらの主張と相手方の主張が大きく食い違うことも少なくありません。例えば,こちらは養育費を渡しているのに相手方からは受け取っていないと言われたり,相手方に不貞などの離婚原因があるのにこちらに不貞があったと言われることもあります。このように離婚事件は感情的な対立からか,当事者間の話し合いだけではなかなか,折り合いがつかない場合も多いのです。
また,離婚事件では,離婚をするか否かということだけではなく,財産分与,親権,養育費,年金分割,慰謝料など付随する問題が伴います。さらに,当事者の皆様にとって時間と労力がかかるものです。
そのため,私としては,事件を解決すること自体は当然ですが,できる限り皆様のご負担を軽減できるよう努めて参りたいと常に考えて業務を行っております。


弁護士 吉田 竜二(埼玉弁護士会所属)

吉田弁護士

■経歴
平成21年 3月 中央大学法学部卒業
平成24年 3月 明治大学法科大学院卒業
平成26年 3月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士労働問題対策委員会委員
消費者問題対策委員会委員
埼玉弁護士会貧困問題対策本部委員
高齢者・障害者権利擁護センター所属

■離婚分野に関して一言
離婚をするにあたっては、離婚それ自体のみならず、親権や養育費、財産分与など離婚に付随する多様な問題を処理しなければなりませんし、そのような問題について折り合いがつかないために、離婚という結論そのものが暗礁に乗り上げるということも少なくありません。
また、当事者同士では、どうしても感情的になって、冷静な話し合いができずに、ずるずると時間だけが経ってしまうということもあります。
弁護士にご相談いただければ、離婚及びそれに付随する様々な問題を解決に導くためにどのような手続きが用意されているのか、その手続きがどのように進行していくのか等について、ご説明することが可能ですし、法的な観点から適切なアドバイスをすることもできます。現に離婚に向けての話し合いがもつれている、また、離婚に向けた準備を考えているといった状況にある方は、是非、一度ご相談いただければと思います。


弁護士 村本 拓哉(埼玉弁護士会所属)

眞中弁護士

■経歴
平成23年 3月  中央大学法学部卒業
平成25年 3月  首都大学東京法科大学院卒業
平成26年 12月 弁護士登録

■役職
弁護士業務妨害対策委員会委員

■離婚分野に関して一言
結婚相手から離婚を求められた時、様々な心配をされると思います。
「離婚はしたくない」
「離婚すると経済的に立ちゆかなくなるが、どうしたらいいのか」
「離婚すると子供と会えなくなるのではないか」
「相手が勝手に家を出ていき、生活費も払ってくれない」
等、心配事はつきません。
反対に、離婚を求める方の場合も、
「どうしても離婚したいが、相手が応じない」
「子供も連れて行きたい」
「今後の生活もあるので、財産はできるだけ手元に残したい」
「今すぐ別居したいが、勝手に出て行っていいのだろうか」
等、多くのお悩みがあると思います。
これら多くの問題を解決し、依頼者の利益を守るのが弁護士の仕事です。
弁護士登録後、多くの離婚事件を扱ってきました。離婚でお悩みの方は、是非一度ご相談ください。


弁護士 小野塚 直毅(埼玉弁護士会所属)

ono

■経歴
平成23年 3月  学習院大学法学部法学科卒業
平成25年 3月  上智大学法科大学院卒業
平成27年12月 弁護士登録

■役職
企画広報委員会委員

■離婚分野に関して一言
現在、結婚した夫婦の約3分の1が離婚しているという統計上の数字を見れば、もはや離婚は決して特別なものではなく、誰の身にも起こりうる身近な出来事といえます。
そしてそのような出来事は、感情的に激しく対立する問題も多く、ご本人にとって大変辛いものであると思います。
ですので、決してご自身だけで抱え込んで悩まず、是非一度弁護士にご相談下さい。離婚後には当然、新しい生活が待っております。
私ども弁護士は、離婚に至る当事者の方々が、できる限り禍根を残さない形で婚姻関係を清算し、新たな人生への出発をお手伝いできるよう、親身に誠意をもって精一杯取り組ませていただきます。
また当事務所では、離婚に関連して、不貞行為や婚約破棄等、男女問題に起因する各種慰謝料請求事案も数多く取り扱っております。まずは一度ご相談下さい。


弁護士 時田 剛志(埼玉弁護士会所属)

tokita

■経歴
平成23年 3月  國學院大學法学部卒業
平成26年 3月  明治大学法科大学院修了
平成27年12月  弁護士登録

■役職
埼玉弁護士会 子どもの権利委員会 委員
埼玉弁護士会 労働問題対策委員会 委員
埼玉弁護士会 公害対策環境保全委員会 委員
埼玉弁護士会 厚生委員会 委員
NPO法人子どもセンター・ピッピ 正会員兼事務局
さいたま市児童養護施設カルテット 第三者委員

■著書
「所有者所在不明・相続人不存在の空家対策マニュアル~財産管理人制度の利用の手引き~」(共著)
■外部講演・メディア出演
【出演】
平成29年11月 REDS WAVE 87.3FM「身近な法律相談」
【講演】
平成29年11月 宮代町立百間中学校「いじめ撲滅強化集会」
平成30年 2月 春日部共栄中学校「弁護士の仕事」など。

■離婚分野に関して一言
夫婦問題でお悩みの方はとても多くいらっしゃいます。
私のモットーは、法的な問題解決はもちろん、一歩進んで、皆様がより充実した人生を送られることを応援することです。
ところで、当事務所では、弁護士の活動(交渉、調停、訴訟など)と並行して、ご依頼者様がご希望であれば、夫婦問題・離婚カウンセリングをお受けいただけます。 ご依頼者様の法的問題解決のみならず、平穏な生活を取り戻せるよう、トータルサポートに取り組んでおります。
あなたが、弁護士に相談や依頼しなかった場合の不利益を回避することはもちろん、頼んで良かったと言ってもらえることを目指しております。
どうぞお気軽にお声がけください。



所属弁護士

代表・弁護士 森田 茂夫(埼玉弁護士会所属)

森田弁護士

■経歴
昭和29年4月 東京都生まれ
昭和55年3月 早稲田大学法学部卒業
昭和59年4月 弁護士登録

■役職
埼玉県大規模小売店舗立地審議会委員
さいたま地方法務局筆界調査委員
大宮簡易裁判所調停委員



弁護士 榎本 誉(埼玉弁護士会所属)

榎本弁護士

■経歴
昭和37年11月 埼玉県生まれ
昭和60年 3月 法政大学法学部卒業
平成12年 4月 弁護士登録






弁護士 田中 智美(埼玉弁護士会所属)

田中弁護士

■経歴
昭和54年 8月 福島県生まれ
平成14年 3月 早稲田大学第一文学部卒業
平成20年10月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士会 示談あっせんセンター運営委員会委員



弁護士 野田 泰彦(埼玉弁護士会所属)

野田弁護士

■経歴
2004年 3月 大阪大学法学部卒業
2008年 3月 九州大学法科大学院卒業
2009年12月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士会企画広報委員会 副委員長
埼玉弁護士会労働問題対策委員会委員
埼玉弁護士会犯罪被害者支援委員会委員
埼玉弁護士会国際交流委員会委員
埼玉弁護士会平成28年度常議員


弁護士 申 景秀(埼玉弁護士会所属)

申弁護士

■経歴
平成20年 3月 東洋大学法学部卒業
平成23年 3月 独協大学法科大学院卒業
平成24年12月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士会司法問題対策委員会副委員長
埼玉弁護士会国際交流委員会委員
埼玉弁護士会人権委員会


弁護士 池田 味佐(埼玉弁護士会所属)

池田弁護士

■経歴
平成22年 3月 獨協大学法学部法律学科 卒業
平成25年 3月 獨協大学法科大学院 修了
平成29年12月 弁護士登録








埼玉県全域に対応しております。
0120-25-4631