離婚事件は、まず当事者間で協議を行い、協議が整わなければ調停を行い、調停でも整わなければ裁判、というように進んでいくのが一般的です。

しかし、割合的には少ないですが、お話し合いをしていく中で、離婚せずに円満に終了することもあります

離婚に向けた話し合いをしていく中で、冷静になることにより当事者の意思が変わってきたり、もともと離婚する意思が強くはなかったことがわかってきたりするためだと思います。

円満に終わる場合、離婚原因となり得た事項について取り決めをし、同居の際の条件を決めることで婚姻生活を再開するということも考えられます。

当事者にとってより良い解決をお手伝いするのが弁護士の職務ですので、お客様が円満解決を望まれるようでしたら弁護士はそれに向けて全力でお手伝いさせていただきます。離婚するかどうか悩まれている方もお気軽にご相談いただければと思います。