本日は、埼玉県内の弁護士について、説明します。

2021年9月29日現在、弁護士法人グリーンリーフ法律事務所には、15名の弁護士が所属しております。
一方、埼玉弁護士会に所属する弁護士数は、僅か905名(令和2年9月28日時点)です。

埼玉県の人口は、約7,340,000人(令和2年8月1日時点)と言われております。
埼玉県の人口は、全国と比較して、東京都、神奈川県、大阪府、愛知県に次いで、全国で5番目に位置します。

このような県内人口と比較しても、弁護士の数がとても少ないことは一目瞭然です。

それでは、埼玉県内の弁護士人口分布はどうでしょうか。

政令指定都市である”さいたま市”には、弁護士が集中しております。
いわゆる「本庁」といわれ、浦和にある”さいたま地方裁判所”を中心とする近隣に弁護士が所属しております。
浦和地区334名
大宮区177名
川口区40名
久喜地区9名

一方、大きな「支部」としては、
越谷支部管内は、108名
川越支部管内は、159名(川越地区107名、所沢地区47名、飯能地区5名)
熊谷支部管内は、79名(熊谷地区74名、秩父地区5名)
といった状況です。

さて、ここで質問です。

皆様は、離婚について悩んでいるとき、

どんな事件でも、一生懸命頑張ります!」というA弁護士と、

離婚事件を専門に扱っており、経験豊富です。」というB弁護士とで、

どちらに相談をしたいと思いますでしょうか。

弊所は、【離婚専門チーム】を設け、離婚事件を集中的に取り扱う弁護士6名を擁立しております。

そうすることで、各弁護士が経験値、ノウハウを集中的に集積し、クライアントに最大限のメリットを提供することが可能となるからです。

もし、離婚についてご相談を少しでもしてみたいと思った方は、まずは初回30分無料相談をご検討ください。

埼玉県全域に対応しております。

法律相談
0120-25-4631