弁護士法人グリーンリーフ法律事務所
弁護士 池田味佐

夫が生活費をくれないし、私が働いたお金を全部もっていってしまうとお悩みの場合、場合によっては、経済的なDVを受けているかもしれません。経済的DVとは何か、離婚との問題について考えてみます。

経済的DVと離婚

1 経済的DVとは

DV(ドメスティック・バイオレンス)は,一般的に「配偶者や恋人など親密な関係にある、又はあった者から振るわれる暴力」と理解されています。

「暴力」という言葉からは身体的な暴力がイメージされますが,DVには身体的な暴力だけでなく精神的(心理的)・性的な暴力も含まれると考えられています。

内閣府男女共同参画局のホームページでも、DVを身体的・精神的・性的な暴力に分類しており、この精神的な暴力の一類型として「経済的な」暴力に位置付けているようです。

また,男女共同参画局では,平成11年以降,3年おきに男女間における暴力における調査を実施しているところ、平成26年からは,暴力の類型に,身体的暴力・心理的攻撃・性的強要とともに経済的圧迫を追加して調査を実施しています。

このような社会的認識の変化は,経済的DVもまた身体的DVと同様に,家庭内などの閉じた環境下における優位性を利用して,立場の弱い者を支配するという性質を持っていることが認識されてきたからといえるでしょう。

調査報告によれば,約5%〜7%の方が経済的な圧迫を経験しており,特に女性に限定するとより高い割合となっています。

令和2年の調査結果では、女性は、5.2%の人が何度もあったと回答をし、4.8%の人が1、2度あったと回答しています。

2 経済的DVとはどんな行為?

では,具体的に経済的DVとはどういった行為を指すのでしょうか。
たとえば,
 
・ギャンブルなどでお金を使い込む
 ・配偶者に生活能力がないにもかかわらず生活費を渡さない
 ・配偶者の財産を奪ったり,勝手に使う