?事案の概要
夫は妻とこれまで平穏に生活をしてきましたが、突然、妻が家を出てしまい、その後、妻の弁護士から夫に対し、DVがあったので、離婚と慰謝料の支払いを求める旨の内容証明郵便が来ました。
しかし、夫は、これまで妻に対して暴力をふるった覚えはなかったので、弁護士に依頼して、離婚にも慰謝料の支払いにも応じない旨の通知を妻の弁護士に出しました。当事務所は、夫の側の代理人です。

?交渉の経緯
妻は家庭裁判所に対し、離婚、離婚までの婚姻費用の支払い、財産分与、慰謝料の支払いを求めて家庭裁判所に調停を申し立てました。
夫も妻も働いていましたが、夫の方が収入が高かったので、婚姻費用の支払についてまず合意をしました。
その後、DVがあったのかどうかが問題になりましたが、確かに、過去数度、息子の問題などに絡んで、机をひっくり返したようなことはありましたが、ごく最近まで、夫と妻で、おそろいの服を着ていっしょに旅行に行ったなどのことがあり、DVによる慰謝料の支払いにはこちらは最後まで応じませんでした。

?結末
妻には何らかの不満があったのだと思いますが、夫としては、それがどのようなものなのか、はっきりは分かりませんでした。しかし、今後、婚姻生活をしていくのは無理と思い、夫と妻の取り分が5対5ということで、双方の財産を清算することにし、離婚をすることになりました。