紛争の内容
妻が「絶対に離婚はしない」と言っていましたが、別居を開始し、継続的に、弊所にてご相談のみお受けしておりました。ある程度の期間が経過したので、夫は、弁護士に依頼し、離婚交渉を開始することにしました。

交渉・調停・訴訟などの経過
交渉ですので、丁寧に進めることとし、まずは相手方より心境、不安面を聞き、条件面の交渉に移りました。その結果、条件面を検討していただけたので、折り合いをつけることができました。

本事例の結末
無事に、公正証書離婚が成立し、離婚交渉事件としてお受けして、わずか2か月で離婚に至りました。

本事例に学ぶこと
交渉では相手方次第で柔軟かつ臨機応変に対応しなければなりません。特に夫婦関係の問題に関しては、感情的な対立を生んでしまったり、代理人への不信感を極力抱かれないように配慮が必要です。
何をどう主張し、何を用意していけばよいか分からない。そんなお悩みをお持ちの方は、是非、グリーンリーフ法律事務所までご相談ください。