「裁判離婚の事例」の記事一覧

配偶者と半年別居した方が、離婚訴訟を提起して、裁判上の和解により離婚が成立した事例

裁判離婚の事例

紛争の内容 配偶者の方が同居する自らの親と不仲であったり、自らに対して配慮の無い発言を繰り返すという理由で、離婚を求めて別居をしたという事例です。別居後に離婚調停をしましたが、離婚成立に至らなかったため、別居から半年後に・・・

不妊の原因を一方的に押し付ける等身勝手な主張をするが離婚には応じないとの態度であった配偶者と裁判離婚(和解)をしたケース

その他の事例 当事務所の解決事例 新着情報 裁判離婚の事例

紛争の内容 不妊治療がうまくいかず、その責任について暴言を受ける等したため、これ以上の婚姻生活を送ることは難しいと考え、別居に踏み切ったが、配偶者が頑なに離婚に応じないとのご相談でした。 まずは交渉事件の代理人として受任・・・

夫から妻に対する離婚請求訴訟

裁判離婚の事例

紛争の内容 夫から妻に対する離婚請求訴訟 経過 離婚調停が不成立となっており、別居から3年近く経過していた。そのため、離婚訴訟を提起した。 結末 妻側は離婚そのものを争ったが、最終的には、財産分与、年金分割の合意(慰謝料・・・

4年間以上家庭内別居した夫婦が、訴訟提起から2年が経過した時点で、裁判上の和解をして離婚した事例

裁判離婚の事例

紛争の内容 2年以上家庭内で会話をしていない夫婦の一方の配偶者が、離婚訴訟を提起しました。訴えられた配偶者から相談を受け、2年経過の時点で離婚に応じることはできないと主張すること、及び、婚姻期間中に暴力を受けた等という理・・・

別居直前に夫が夫婦共有財産である預金から多額の現金を引き出していたケースで、これらを持ち戻したうえでの財産分与が命じられた事例

当事務所の解決事例 新着情報 裁判離婚の事例

紛争の内容 夫30代会社員、妻30代専業主婦、子なし。 夫は自分の考えの正当性に拘るタイプで、事あるごとに妻に対しても自分と同じ考え方を取るよう求め、その旨を箇条書きにした書面を書かせるなどしていた。妻はこのような夫との・・・

有責配偶者からの離婚請求であることを前提に和解がなされた事案

当事務所の解決事例 新着情報 裁判離婚の事例

■紛争の内容 夫が他の女性と関係を持っていることが発覚し、夫と別居に至る。その後に夫から離婚請求がなされた。 ■経過 妻側(依頼者)は、婚姻関係破綻を否認した上で、仮に婚姻関係が破綻していたとしても、その原因は夫側にある・・・

ページの先頭へ

  • お問い合わせ
電話で相談予約 メールで相談予約 LINEで相談予約
  • お問い合わせ
電話で相談予約 メールで相談予約 LINEで相談予約