紛争の内容
無料メールアプリ「LINE」の内容から、配偶者の長期間にわたる不貞関係が発覚した事案です。
ご依頼者様がそのことを配偶者に問い質したところ、不貞相手の氏名・住所等が明らかになったため、ご依頼者様自身が不貞相手と面会をする期日をセッティングしたというタイミングでのご相談となりました。
面会の結果として不貞相手は不貞の事実を認めましたが、具体的な交渉はお願いしたいというご依頼者様の意向があり、慰謝料請求交渉について受任しました。

交渉の経過
受任後、直ちに不貞相手に対して連絡を取り、今後の窓口は弁護士になることを伝えました。
その後は、ご依頼者様の要望及び不貞相手の意見の調整を図った上で合意書を作成し、最終的には不貞相手に事務所までご来所いただき、合意書の取り交わしを行いました。

本事例の結末
本件は、不貞相手が事実関係を認めていたこと、立場上不貞相手が事を荒立てることを極力避けたかったこと等の事情が相まって、合意書の内容としてはご依頼者様の要望が全面的に反映されたものになりました。

本事例に学ぶこと
本件は、ご依頼者様の立ち回りにより既に外堀が埋められていたような状態での受任となったため、慰謝料の支払いまで非常にスムーズにいったケースといえます。
実際には、証拠がないとして不貞の事実を争われたり、慰謝料を支払う資力が十分でなかったりと様々な問題が起こり得ますので、本件はあくまで一事例に過ぎないということをお含みおき下さい。

埼玉県全域に対応しております。
0120-25-4631