紛争の内容
夫から妻に対する離婚請求訴訟

経過
離婚調停が不成立となっており、別居から3年近く経過していた。そのため、離婚訴訟を提起した。

結末
妻側は離婚そのものを争ったが、最終的には、財産分与、年金分割の合意(慰謝料はなし)を条件に、離婚を条件とする和解が成立した。

本事例に学ぶこと
別居から既に3年ほど経過していたことから早期に和解に繋げることができた。

弁護士 眞中忠治